じてんしゃにのって。

ゆるぽた+ぐるめ+マッピング(?) +たまに超ロングライド・・・ただしブルべ人ではない。

ジテンシャのススメ@東京(自転車シェアリング)

東京で行われている社会実験「東京自転車シェアリング」。なかなか良さげなので紹介。一言でいうと「電動アシスト付き自転車をお手軽に利用できるよ(練馬区は除く)」

東京自転車シェアリング  コミュニティサイクル

こんな奴

 はじめに

地方で自転車に乗る!となると、自転車大好きっ子は「んじゃトランポっすか」(=自動車に自転車を載せて移動)。もうちょっと上級者になると「おっしゃ、輪行するぞ~」(=電車に自転車を載せて移動)となるわけですが。

一方で、都市部も行くとなると、・・・コンクリートジャングル・・・信号・・・自動車だらけ・・・どこに自転車おいても盗まれそう・・・「う゛あ、自転車のる気しね-・・・」となるわけです。

 勢い「自転車は持っていかなーい」という選択肢が、自分的に第一候補に挙がるのですが、東京だけはちょっと違う。そう、自転車を借りるという選択である。

利用者目線かけてるよねーというお話(どこがとは言わない)

最初にレンタルサイクルというものを使ったことがない人にちょっとしたお話。自分の経験からすると、ぶっちゃけレンタルサイクルって、全くお勧めできない。借りるのがめんどくさい、返すのがめんどくさいくらいは序の口で、自転車につきものの盗難・故障時の対応がクソすぎて全く借りる価値がないサービスだったりします。

  メンテ不足で壊れたんじゃないの? なんで利用者が修理代を負担しているワケ? ちゃんとした場所にとめて鍵かけて、それでも盗まれた場合に、警察の処理から弁償までなんで借り手がやらなきゃならないの? バカなの? 死ぬの?

まあ、ちゃんとしたサービスを提供してくれているところもあるとは思うけどね。

東京自転車シェアリング

 個人的に東京で移動といえば山手線 or 地下鉄 or バス or 水上バス くらいしか使ってこなかったわけですが、数年前から社会実験として始まった自転車シェアリングが気になってました。これ、サービス範囲が広くいろんなところで借りれて、いろんな場所で返却できる。なにより坂だらけの東京でも、お手軽に乗れる電動アシストの自転車を用意してる、トラブル時のコールセンター、メンテナンス窓口が用意されてる、保険付き、など何気によく考えられたサービスです。使えるサービスには人が集まるわけで、実際そこそこ使っている人を見かけます。

 

都内を歩いてるとちょくちょくあの赤い自転車を見かけるのだ。・・・てか、ポケモンGOやってる奴が異常に多いのが気になるのデス。

 ちょいのり、ちょいポタにはなかなか良いので、東京さんぽに使うのは全然あり。

借りる方も安全運転で気持ちよく

悲しいことに、ママチャリ乗りは「道路交通法? 何それ おいしいの?」というくらい縦横無尽、傍若無人に自転車を乗り回す人がいます。レンタルサイクルや自転車シェアリングも、ママチャリの延長なんでしょうか、フリーダムな動きでちょろちょろ走る人がいて切なくなります。とはいえ、全体的にみるとみんなマナー守ってちゃんと乗ってる印象。自転車シェアリングのサイトからは警視庁のHPにある自転車安全利用五則へのリンクが張られていたりするので、利用者も安全運転を意識するようになってるのかな? 東京での自転車シェアリング利用、良いと思います。

 

何? 自転車がかっこ悪い? ・・・いいんですよ、レンタルサイクルやシェアリングの自転車なんてカッコ悪いくらいがちょうどいいのデス。(小声: だってカッコよかったら盗まれちゃうかもじゃん)